私は元保育士です。

10年近く前に新卒として働き始めました。そこの園では新卒者はまずパートとして働くことになっていたので、私もパート保育士として勤務を始めました。

しかし、それに満足していたわけもなく、更に追い討ちをかけるように様々な出来事がおき私は働き始めて三年後に保育士を辞めました。

今回は、そんな私を退職させるまでにあったことをいくつかお話させていただきます。

給料と労働時間

メディアで取り上げられる程の安い給料。私も例外ではありませんでした。特に私の場合、冒頭でも書きましたがパートとして仕事開始したのですが、その際の最初の時給は700円。高校生のバイト代と変わらぬ値段でした。

辞める前でも780円と頑張って早番遅番や土曜出勤の当番をしても手取り15万円いくことはなく、平均で9万円台のお給料でした。

初任給に至っては締め日の関係もありましたが、5万円にも達しない金額でしたので、初任給に親に何かプレゼントなんて出来ず、生活費として渡したら手元にはほとんど残らない状態でした。

勤務時間は正社員の保育士と同じでしたが、残業は一斉認められず行事の用意などで残る際はタイムカードをきってからやる、サービス残業をすることになりました。

休憩時間も設けてはありましたが、お昼寝する子供の部屋にいて子供を見ながら、連絡帳に記入したり、掲示物の制作、トイレや廊下の掃除等結果として休憩はなく働いてました。その時間は本来は休憩時間なのでその時間も給料には繁栄されませんでした。

子供達とその家族への対応

私が勤めていた園はそれなりに大きく様々なお子さん、そしてご家族がおりました。とてもこちらに好意的で、協力的な方々もいればその逆もおりました。中には子供同士の些細なやり取りに対して怒り、何時間もその話について親御さんに拘束され謝罪する時もありました。

まだ保育時間中だった場合は、他のクラスの先生に応援を頼んだり頼まれたりすることもあり、手が足りない場合はホールに集め、合同保育にしたりと保育に支障が出たこともありました。

そういうことクレームがあった後は、子供達を見る対応が変わり制限させてしまうことも多々あり、親御さんの顔色を伺ったりとこれが私の目指した保育なのかと疑問に思うこともありました。

責任者の対応

園長先生にもよく振り回されてました。この保育方針がいいと聞くとそれを取り入れる為に、休日を返上して研修を行いました。

しかし、色々いいとされるものに手を出そうとするので、コロコロと内容が変わりすぎ現場の保育士達は戸惑うばかりでした。

それだけでなく、新卒も正社員で入れるようになったと思えば、問題がおきその子が辞めたのでやっぱり新卒採用なしにしたりと、採用方法までコロコロ変わっておりました。
こんなに何でもコロコロ変わってしまう責任者の元で働いていて良いのかと大変疑問に思いました。

また、こちらの話を全くと言っていいほど覚えておらず、話し合いをしたいと言っても忘れられて他の予定を入れられたりとあきれ返ってしまうようなこともありました。

他にも細々としたことがあり、私は保育士として勤めていくこと、この園で働くことに疑問を感じて辞めていきました。

保育士転職も考えましたが、辞めました。

今また働きたいかといえば、保育士より良い職業にその後就いたこともあり、給料のことを考えるとあの安さではもう戻りたくないかなと言う感じです。

子供が好きでやりがいがあっても、生活をすることを考えると時間もお金もない保育士はやりたくないですね。