私が保育士としての転職活動で苦労した体験談

私は今年で25歳になる既婚者です。

子供は現在4ヶ月になる娘が一人います。旦那と私と娘の三人暮らしをしています。

遠距離恋愛の末、結婚し、旦那の元へ引っ越すことになってしまいたので、大学を卒業してから二年間働いていた保育園を退職することになりました。

ある程度の貯蓄もあったため、すぐに働こうとは思っていなく、結婚生活や新居の整理が落ち着いてから就活を始めようと思っていました。

しかし私の考えが甘かったようで簡単に働くことができませんでした。具体的な期間としては、引っ越してから三ヶ月は自宅におり専業主婦をしていました。

三ヶ月後、ハローワークにて就活を始めたのですが、なかなか気に入った保育園が見かりませんでした。

引っ越し先はかなりの田舎で、一番近くの保育園に行くのにも片道40分はかかる道のりでした。地元の子供たちは認可ではなく、認可外の保育園や幼稚園、託児所へ通わせているみたいで、近くに保育園がなくても問題はなかったようです。

しかし、働く側の保育士としては、非常に不便なものでした。給料も前に働いていた職場よりも4万円ほど低く、衝撃を受けました。

よりよい職場を探し、迷っているなか、ちょうど私が妊娠していることが発覚しました。

妊婦は紹介できないとハローワークの担当者に言われ、家族で話し合った結果、出産するまで働くことを諦めました。

その間は毎月毎月、節約の毎日でした。産後2ヵ月になるとき、再度就活を始めました。

幼い子供を連れてハローワークにいったり、保育園の面接にも行きました。無事に保育園への再就職が決まりましたが、正直、通勤と給料に関しては以前の職場に比べると良くないものでした。

しかし、娘も働いている保育園へ通わせることができるというメリットがあったので、決めました。働きだしてから二ヶ月が経ちましたが、職場の人にも恵まれ楽しく働かせてもらっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類
大変な保育士として働いている理由はお金では変えない物があるから

  保育士のやりがいとは 保育士として、こどもたちと接することで、こどもたちの純粋な心に触 …

未分類
保育士は女の職場!保育士での人間関係について

現在男性保育士の方が多数活躍されていますがやはり保育士は女性が多い職場。私が以前勤めていた保育園は、 …

未分類
なぜ保育士という仕事は大変なのか?3つの観点から考えてみた

保育士の年収について 私の保育園では、サービス残業が当たり前。 基本的には8:00から17:00が就 …