異年齢保育でを行うことでのメリット

私が働いていた保育園は、異年齢保育を行っていました。

異年齢保育とは、違う年齢の子供たちが一緒に過ごすことです。

普通は、3歳児、4歳児など、学年でクラスを分けますが、この保育園は、乳児クラス(0~2歳)、幼児クラス(3~5歳)の2つに分かれて生活していました。

私は主に幼児クラス(3~5歳)にいました。

午前中の自由遊び、室内での一斉活動、給食、午睡、おやつ、帰るまでの自由遊びを異年齢で行います。

自由遊びのなかで

3~5歳とひとくくりにいっても、この時期の2歳差はとても大きい物です。

トイレが自立している子、していない子、お箸を使う子、使わない子、自分の思いを言葉で伝えられる子、伝えにくい子など、発達に大きな差があります。

自由遊びのなかでも個人差は見られます。

自分の世界でやりたいことをやりたいだけ一人で楽しむ3歳児、友達の遊びを見て真似しようとする4歳児、友達と遊びを考えたり、ルールのある遊びを楽しんだりする5歳児。

そのなかで、3歳児、4歳児は上の学年に憧れ、見て真似をしたり、一緒に遊びたいという気持ちをもったりします。

また、お気に入りのお兄ちゃんお姉ちゃんも見付けます。

4歳児、5歳児は、自分のしたいこともありますが、年下の子に譲ってあげたり、話を聞いてあげたり、時には、ケンカの仲裁をしようとしたりします。

生活習慣の面で

着替え、持ち物の整理、遊んだ後の片付け、排泄などの差もあります。

特に3歳児の間にできるようになっていくことはたくさんあります。

逆にいうと、3歳児にはできること、できないことが入り混じっています。

そんななか、異年齢保育では、年上の子が手伝ってあげたり、教えてあげたり、「先生、○○くんが!」と知らせてくれたりします。

大人が教えるよりもつたなく、わかりにくいように思いますが、以外と、子供同士で伝わっていることは多く、年上の子は、小さな子に分かるように、と相手を気遣いながらかかわるようになります。

年下の子も、大人に言われて「いや!」と言うことも、お兄ちゃんお姉ちゃんだと素直に聞こうとすることがあります。

きっと一生懸命教えてくれようとすることが伝わってくるのだと思います。

こうしたなかでお互いを思いやって生活するようになってくるのです。

未分類
私が保育士としての転職活動で苦労した体験談

私は今年で25歳になる既婚者です。 子供は現在4ヶ月になる娘が一人います。旦那と私と娘の三人暮らしを …

未分類
大変な保育士として働いている理由はお金では変えない物があるから

  保育士のやりがいとは 保育士として、こどもたちと接することで、こどもたちの純粋な心に触 …

未分類
保育士は女の職場!保育士での人間関係について

現在男性保育士の方が多数活躍されていますがやはり保育士は女性が多い職場。私が以前勤めていた保育園は、 …